乾燥に注意!2014年の風邪が流行する季節とその症状

風邪は出来る限り罹りたくない!誰もがそう願うことでしょう。2014年の風邪の傾向はどのようになるのか…流行する時期を知ってしっかり予防しましょう。

毎年年明けから桜が咲くころまで、インフルエンザが流行しますね。2014年も間違いなくインフルエンザが流行します。その一つの要因として、今年はとても寒い日が多く乾燥しているためです。寒いとエアコンや暖房器具を使用することから、益々乾燥が予想されるため喉からの感染に注意が必要です。

2014年の流行風邪・インフルエンザの予防方法

インフルエンザは、急激な体調の変化が伴います。突然悪寒がしたかと思ったら高熱が出て、体の節々が痛くなります。また、いったん熱が下がってもその後に咳や鼻水が続く傾向にありますので、治りかけに一番注意をしてゆっくりと体を休めることに集中して下さい。

インフルエンザを予防するためには、年末から桜の咲く頃まで、外出の際はマスクを着用することが必須です。インフルエンザは飛沫感染ですので、マスクをすることである程度予防が出来ます。また、体力や免疫力が低下していると病気に罹りやすくなってしまうので、体を冷やさないようにし、しっかりと栄養のある食事をして体調の管理をすることも大切です。

また、インフルエンザの予防接種を受けることも一つの方法です。ただし、予防接種をしていてもインフルエンザに罹ることがあります。あくまでも、罹った時に少しでも症状を軽くする手段として予防接種を受け、あくまでも普段の生活から病気にならない体作りをすることが大切だということを覚えておきましょう。

合せて読みたい記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す