妊婦の風邪の対処法!一番正しい風邪の治し方

インフルエンザが流行し始める季節、みなさん風邪や病気に罹らないように色々な対策をしますよね。風邪や病気に罹ってしまうと、自分も辛いですし家族や周囲の人々にも迷惑がかかったりします。しかし、人間誰しも必死で対策をしても風邪や病気に罹ることはあります。罹ってしまったものは仕方がないので、早期対処で一日でも早く回復したいと思いますよね。

薬が飲めない妊婦の、正しい風邪への対処法

風邪で思い出すのは、私が妊娠中の時。風邪を引かないようにとなるべく大人しくしていたつもりだったのですが、罹ってしまったんです。妊娠中の風邪は何が一番辛いかと言うと、薬が飲めないという点にあります。通常であれば、風邪の症状を緩和するために市販薬やお医者さんで処方された薬を飲むことができますが、妊娠中は飲めない薬が多くて困りました。

厳密に言うと、漢方薬や妊婦でも飲める薬はありますが、この薬を飲んでお腹の赤ちゃんに何か影響があったらどうしよう…と薬を飲むことが非常に恐ろしく抵抗がありました。「この薬は大丈夫」と言われても全然安心出来ず、私は後悔しない為に何も飲まないという選択をしました。

薬を飲んで、後悔しないために、食事と睡眠で風邪を治します

当然自然治癒になるので時間もかかるし症状も辛かったですが、私は安全と安心を選びました。あとから「やっぱりあの時…」と思っても、時間は戻ってはくれませんからね。実際、通常の風邪であれば自然治癒でも治りますので薬を飲まないというお医者さんも沢山います。滋養強壮効果の高いにんにくをたっぷり使って、体を温める効果のある根菜類を入れたスープなど栄養のあるものを食べて、十分な睡眠を摂って回復するまで待つのが一番です。

ただし風邪がこじれてしまった場合は、返ってお腹の赤ちゃんに影響が出てしまうのでお医者さんにすぐ診てもらいましょう。今はカルテでも妊娠を聞かれることがありますが、絶対に間違いのないように口頭でもしっかり伝えてください。症状がひどい場合は、妊婦ということを考慮して薬が処方されるかもしれません。自己判断で市販薬や栄養ドリンクを飲むことは絶対に止めましょう

赤ちゃんを守ることが出来るのはあなただけです。後悔のないように、口に入れる物に関して妊娠中は特に気を付けましょう。

 

合せて読みたい記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す