風邪でもNG?間違いだらけの解熱剤の使い方と正しい使用時期

熱が出て苦しい、全身がだるい…そんな時は一刻も早く熱を下げたいと思いがちですよね。熱を下げる効果のある解熱剤が含まれた薬も薬局に行けば簡単に手に入れることが出来ます。

発熱が与える脳の影響は少ないです

高い熱は脳への影響などを考えて早く下げた方が良い、と今まで思われがちでしたが近年熱に対する考え方も大分変ってきているということをご存知でしたでしょうか。かく言う私も、高熱は早く下げないと何だか体にとって危険そうとずっと思っていました。

息子がちょうど1歳のある日、抱っこした時の体の熱さで発熱に気付き、その後深夜にあれよあれよと言う間に熱が上がり40度を越えてしまった時には驚きました。体温計の数字の始まりがいきなり38度とかから始まるんですよ!上がる一方の熱に驚いて、その日は救急を受診しました。

お医者さんが教えてくれた、高い熱が出たときのポイント

こんなに高い熱が出たら、脳に影響が出ないか心配…確かに私はあの時そう思いました。そんな心配をよそに、小児科の先生は落ち着いて教えてくれました。

  • 高い熱が何日も続くと脳への影響などの心配もあるけれど、基本的には心配はいらないこと。
  • 熱は体の中に入って来た菌やウィルスを殺そうとして熱を発しているのだから、むやみやたらに下げてはいけないこと。

熱が出るということは、体が自然と防衛してくれている証拠だったのですね。そこに解熱剤を使用してしまっては、体の自然治癒力を阻害することになるのだそうです。
特に子供の場合は、まだまだ体が弱いので熱を出しながら免疫力をつけて成長していくことが普通のことなのだそうです。

しかし絶対に解熱剤を使ってはいけないかというと、そうではありません。

自然治癒力を活かして安静にさせるのが基本

熱が38.5度以上あって体が辛い時は体力を温存するためにも使って大丈夫です。熱が下がれば食欲なども出るので、風邪や病気の治りもそれだけ早くなります。

ただし、なるべく使わないことに越したことはないので、38.5度以上の熱があっても比較的元気にしている場合は安静にして自然治癒に任せましょう。

私達の体は本当によく出来ていますね。なるべく薬に頼らず自分の体の力を信じて自然治癒力を高める努力をしなくてはなりません。

 

合せて読みたい記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す