風邪でもお風呂に入りたい!風邪時のお風呂の正しい入り方

注意や予防をしていても風邪を引いてしまうことはあります。体調を崩した時にすぐ休みが取れれば良いのですが、なかなかそうもいきませんよね。私は基本的に子供が風邪を引いた時には、体を休ませるためにゆっくり寝かせて、症状が落ち着くまではお風呂に入れません(体を熱いタオルで拭きます)。

しかし、大人はそうも言っていられませんよね。次の日にどうしても休めない大切なプレゼンがあるとか、約束があるとかだとお風呂に入らざるをえません。できれば髪の毛だけ洗って、体はタオルで拭くという方法が一番良いのですが、風邪の時のお風呂の入り方についてお話しましょう。

2つのポイントでできる、風邪でもお風呂に入る方法

熱が下がって、治りかけで入る

まず、基本中の基本として熱のある方はお風呂はNGです。これから熱が上がろうとしている時には悪寒を感じると思いますが、そのような状態でお風呂に入ると症状が悪化しかねませんので絶対に避けましょう。熱もある程度下がって、治りかけに差し掛かった方はお風呂に入っても大丈夫です。

部屋やお風呂場を暖めておきましょう

まず、部屋を暖めておきます。できればお風呂場も暖めておいてください。なるべく急激な体温の変化を防ぐように工夫しましょう。そして、熱すぎない温度のお湯に体の芯から温まるまでゆっくりと浸かります。新陳代謝を促進して、悪い物を体内から出すイメージでゆっくり浸かりましょう。この時に塩をひとつまみ湯船に入れておくと、より体が温まります。

髪の毛はすばやく乾かしましょう

お風呂から上がったら、すばやく髪の毛を乾かします。濡れていると風邪をぶり返すことに繋がりますので注意しましょう。そして、体が温かい内に布団に入って十分に睡眠を摂りましょう。風邪の時にお風呂に入る場合には、とにかく体を冷やさないように注意をすることがポイントです。風邪でも上手にお風呂に入って、早く治るよう心掛けて下さい。

合せて読みたい記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す