2014年版インフルエンザと風邪の見分け方|発熱と全身症状の項目

今年もインフルエンザが流行し出しました。2014年は例年にないほど寒い日が多く、ほとんど雪の降らない都心でも記録的な降雪となりました。たしかに今年の冬は寒いですね。それに伴い、乾燥も酷いのでインフルエンザも流行するわけです。

さて、寒くなると体調を崩して風邪を引いてしまう方も多いと思いますが、調子が悪くなった時風邪なのかインフルエンザなのか、自分で見極めるポイントをお教えしたいと思います。

熱の出方でわかる、風邪とインフルエンザの違い

特徴的な部分は、熱の出方です。インフルエンザの特徴として、急激な高熱が挙げられます。体調の変化が激しいので、風邪の時とは明らかに違う全身のだるさや節々の痛みなどが起こります。私もインフルエンザに罹ったことがあるのですが、明らかに通常の風邪とは違いました。熱のためか、頭がフラフラして意識も朦朧とし、とにかく全身が痛くて寝ているのがやっとでした。ちょっとした風邪くらいなら頑張れる私でしたが、インフルエンザの時は無理でしたね。体が言うことを聞いてくれず、とにかく立っていられませんでした。

2014年は空気が乾燥!のどの風邪に注意!

このように明らかに通常の風邪とは違った全身の症状が出てくるのでインフルエンザの場合は本能で分かると思うのですが、2014年は乾燥傾向が強いので、喉の風邪が流行している点も見分けの一つになりそうですね。喉が痛い、咳は出るが熱は出ないという場合はインフルエンザではないことが多いでしょう。しかし、日常的に喉の風邪で熱を出しやすい方は、比較的高熱が出ると思いますので見分けるのが難しいかもしれません。そうなると一番の見分けポイントは、やはり全身の痛みやだるさにあると思います。

人によって症状の出方は様々です。安静にして栄養を摂っても、なかなか症状に改善が見られない場合は必ず病院で診てもらいましょう。自己判断は非常に危険ですので、臨機応変な対応を心掛けて下さい。

合せて読みたい記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す