本当に効果のあるおすすめ市販の風邪薬ベスト5

風邪を引いてしまった時、お医者さんに掛かる時間がない場合にみなさんはどのような対処をされますか?一定の年齢を越えている方であれば、薬局などで市販の風邪薬を試される方も多いでしょう。今回は、いざという時に役に立つ5つの代表的な市販の風邪薬の特徴をご紹介したいと思います。

本当に効果のある市販の風邪薬

市販の風邪薬と言うとCMなどでよく見かける「パブロン」「ルル」「コンタック」「ベンザブロック」「葛根湯」辺りがよく知られているかと思います。今回はこの5つに絞ります。

①パブロン(大正製薬)

2014-03-18_115249

♪「早めのパブロン」というフレーズでお馴染み。最大の特徴は、家族みんなで服用できる…まさにファミリー向けの風邪薬です。「パブロンSゴールド」シリーズには微粒タイプと錠剤タイプがありますが、微粒タイプはなんと1歳から服用可能です。赤ちゃんの時から市販薬で対応できる物はなかなか無いので、これはとても便利ですね。1家に1つ常備しておけば安心の風邪薬です。

 

②ルル(第一三共ヘルスケア)

2014-03-18_115329

♪「くしゃ~み3回ルルが効く」というフレーズでお馴染み。新しく2つの風邪の症状にピンポイントで効果のあるシリーズを発売しました。「ルルアタックFX」は、悪寒や発熱から始まる風邪に有効です。ケイヒ末という成分が発汗を促して熱を発散させる効果を持っています。また「ルルアタックEX」は喉の痛みから始まる風邪に有効です。トラネキサム酸が荒れてしまった部分の炎症を抑える働きがあるので、喉の痛みを和らげてくれます。この2つのどちらかの症状から風邪が始まりやすい方には、とてもおススメの薬です。

 

③ベンザブロック(武田薬品)

2014-03-18_115404

♪「べーンザブロック」というフレーズでお馴染み。このベンザブロックの特徴は「黄色のベンザ」「銀のベンザ」「青のベンザ」と言うように、症状別で薬を選ぶことが出来ることです。私が症状別の薬があることを初めて知ったのも、このベンザブロックでした。症状別の市販風邪薬の草分け的存在と言っても過言ではないと思います。ちなみに「黄色…鼻からくる風邪」「銀…喉からくる風邪」「青…熱からくる風邪」というラインナップになっています。

 

④コンタック(グラクソ・スミスクライン)

2014-03-18_113630

可愛らしいカプセルのキャラクターがちょっと面白いことをするCMでお馴染み。コンタック最大の特徴は「1日2回で長く効く」という、朝・夜2回だけ飲めば良いという他には無いオリジナリティー。お昼に飲まなくて良いので、日中忙しい方にも大好評です。また1日3回服用タイプもあり、一つのパッケージに朝昼用の眠くなりにくい薬と夜用のぐっすり眠れる薬がコンビになっているユニークなシリーズもあります。

 

⑤葛根湯

2014-03-18_115430

こちらは昔からある漢方のお薬です。葛根とは、山に自生している葛の根のことです。生薬と呼ばれる自然の恵みから生まれるこの薬は、その効き目と安全性により長い間多くの家庭で愛されてきました。特に風邪の引き始めに飲むことによって、症状を改善できることで知られています。風邪薬が禁忌の妊娠・授乳中の方にも、症状によっては処方されることがある薬です。

それぞれに特徴があって興味深いですね。家族構成や自分の生活スタイル、または症状別など自分に一番合った風邪薬を選んで早く風邪を治しましょう。

 

合せて読みたい記事

    None Found

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す